言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

演奏中に手拍子をお願いするときは、その場の雰囲気を大事にしてほしい

f:id:gbassmusic:20171214170124j:plain

曲を聞きに演奏会に行くと、司会者や指揮者から「もし、良ければ、曲に合わせて手を叩いてください」と言われることがあります。

 

手拍子をすることによって、盛り上がって楽しい演奏会になることもあります。ただ、私は、演奏中に手拍子をすることに、気が乗らないことも。

 

曲をリラックスして聞きたいのに、手拍子をすることに気をとられてしまって、曲に集中出来ないときがあるんです。

 

手拍子しなければいけない気持ちになる

手拍子をお願いされると、手拍子をしたくないときでも「手拍子をしてあげないといけない」という気持ちになることが。

 

自分の周囲のお客さんは手拍子をしている訳だし、自分だけしないわけにはいかない、と思ってしまうんです。

 

あと、「手拍子をしてくださいと言っているのに、何も反応がなければ、演奏者は傷つくかもしれない」とか考えてしまったり。

 

手拍子をお願いしたはずなのに、誰も手を叩いてくれない。こんな状況になったら、居たたまれなくて、リラックスして演奏を聞くことが出来なくなります。

 

なので、本当の気持ちとしては、曲に集中したいけど、手を叩いている、ということがあります。

 

しかも、テンポが揺れる曲だと、手拍子がしにくい。そういう時は「曲を聞きたいなあ」と思いながら、手を叩いたりしています。

演奏しているときに、申し訳ない気持ちになった

高校生のときの、吹奏楽部での話です。

 

指揮者が、お客さんに向かって「テンポの早い、楽しい曲なので、良ければ手拍子をお願いします。」と言いました。

 

ただ、その曲は、途中からテンポが早くなる曲でした。それをお客さんは、テンポのゆっくりな最初のところから、手拍子をしてくれたのです。

 

ゆっくりな、手拍子をするには適してないテンポのところを、バラバラと手拍子しにくそうに、それでも高校生の演奏に合わせて、なんとかリズム良く、手を叩いてくれている・・。

 

その時は、なんだか、お客さんに気を使わせているみたいで、演奏しながら、申し訳ない気持ちになってしまいました。

手拍子は、曲に楽しく参加するためのもの

こんな感じで、場合によっては、強制的に手拍子をさせているような状態になってしまうことも。

 

なので、理想としては、あまりにも生き生きとした楽しい演奏で、思わず手拍子をしたくなる、という状況のとき、手拍子をお願いすることです。

こうなったら、みんな、ノリノリで手拍子をすると思います。

 

例えば、バンドのライブ。

そのバンドのファンばかりが集まり、大好きな曲を、大好きなバンドが目の前で演奏してくれる。

 

こんな時、手拍子や手を叩くことを促されても、強制されてる気持ちにはならないでしょう。むしろ、手を叩かずにはいられない、そんな雰囲気で会場がいっぱいになります。そういう時の手拍子は、私は大好きです。

 

演奏に参加している気持ちになるし、曲をより一層楽しんで聞くことができます。

雰囲気が大切

手を叩くことによって、お客さんも演奏者も楽しめる。そういう時に手拍子をお願いされたり、お願いするのは大歓迎。 

手を叩くことによって、会場が盛り上がれば、良いのです。

 

手拍子をお願いするときは、会場の雰囲気を見てからにしてほしいな、と思います。

 

 

アマオケで人間関係のトラブルを起こさないために

f:id:gbassmusic:20171211191138j:plain

アマオケって、人の集まりなので、人間関係の問題は常について回ります。

 

出来たら、人間関係に気をとられず、音楽活動に集中したい、と思うのが大多数の団員の気持ちです。

なので、悪気なくしていた自分の行動で、トラブルが起こってしまうのは、誰だって不本意のはず。

 

今回は、「アマオケでトラブルを避けるために、最低限、こういうことに気を付けよう」ということについて、書いていきたいと思います。

ちゃんと曲を練習をしてくる

私は、アマオケに入団した当初は、本当に腕が未熟で、全く弾けていませんでした。今思うと、団員に迷惑をかけていたな、と思うほど。

 

ただ、コントラバスパートのトップは、私に対して、技術的なことで怒ったことはありませんでした。

それは、私がちゃんと自宅で曲を練習して、オケに参加していたから。

 

人にもよりますが、演奏技術が未熟でも、ちゃんと努力していることを示していれば、ある程度は、目をつむってくれるものです。

もちろん、それに甘えて上達することを放棄するのは良くありませんが。

 

曲の練習をしてから、マオケの練習に参加する。これは、音楽活動をする上での、最低限のマナーです。

普段の練習にも出来るだけ参加する

アマオケの友人が言っていたことです。

「すごく演奏が上手な人がいる。でも、その人は、普段の練習にはあまり参加せず、本番直前だけ顔を出す。

本人は、自分は弾けているからそれで良い、と思っているかもしれない。でも、練習に参加しないことを、良く思っていない団員もいるよ。」と。

 

アマオケって、本番の演奏会だけが、大切な訳ではありません。普段の練習も大切な活動のひとつ。

そんな大切な練習に参加しないというのは、アマオケに所属する意味が半減してしまうのではないか、と思います。

 

普段の練習にも出来るだけ参加する。これも、音楽活動をする上での大事なマナーです。

運営に協力する

団費を支払わない、運営から頼まれたことをやらない、運営に関わらない、などはダメですね。

 

アマオケは、団員がそれぞれ運営をしながら活動している団体。「演奏だけしていれば良い」という考えは、トラブルのもとになってしまいます。

 

アマオケに所属する限りは、そのオケの団員の一人として、運営に協力するのがマナー。トラブルを避けるためにも、これは大切にしたいことです。

基本的なことに気を付る

あとは、「あいさつをしっかりする」「遅刻、欠席の時はきちんと連絡をする」など、基本的なことに気を付けていたら大丈夫。

 

アマオケに入団した当初は分からなくても、少しずつ、何がダメで何が良いのか分かってくると思います。 

 

アマオケの音楽活動は、とても楽しいです。最低限のマナーさえ守っていれば、素晴らしい音楽経験が出来るはずですよ。

 

 

真剣に何かに取り組むっていうのは、幸せと辛さの両方を感じるということ

真剣に取り組むものがあるっていうのは、大きな幸せです。

 

それは人によっては仕事だったり、趣味だったり、何かの活動だったり。私の場合は、音楽ですね。

 

でも、実は、何かに真剣になるって、幸せと共に、辛さも感じるものなんです。

f:id:gbassmusic:20171209115157j:plain

心の拠り所になるけど、その分、否定されたら衝撃が大きい

楽器演奏って、一度はまると、抜け出せないほど、魅力があります。世の中に、これだけたくさんのアマオケや吹奏楽団や音楽団体があるのが、その証拠。

 

楽器演奏って、真剣に取り組めば取り組むほど、自分のアイデンティティの一部のようになったり、大切な心の拠り所になったり。

何か辛いことがあっても、「私には音楽がある」って思えるようになるんですね。

 

これは、とても幸せなことです。ただ、それって実は、諸刃の剣だったりします。

 

テレビで、あるプロの音楽家が言っていたことです。

「自分の全てを楽器に捧げてきたので、もし演奏を否定されたら、人生を全否定されてる気持ちになる」と。

 

自分にとって、とても大事なものであるからこそ、それを否定されると、心が砕かれるような苦しさを感じるってことですね。

 

真剣に何かに取り組んでいるひとは、こんな辛い気持ちを味わうこともあるんです。

自分には価値があるって思えるけど、戦ってる気持ちにもなる

真剣に効率よく練習していくと、少しずつでも演奏技術は上達していきます。

 

練習を続けて、以前より上手に弾けるようになった。こうなると、自分に自信を持てるようになるし、「自分には価値がある」という自己肯定感にもつながります。

 

でも、それだけ真剣に取り組んでいると、まるで、キツイ戦いを続けているような気持ちになることも。

 

例えば、私は一度、楽器演奏から離れたことがありました。

その時に感じたのは寂しさと、そして、ホッとした気持ち。「もう、音楽に関わらなくても良いんだ。」長い戦いが終わったような、そんな安心感も、正直、心のどこかにはあったんです。(でも、結局物足りなくて、また楽器を弾く日々に戻ったのですが。)

 

楽器の演奏技術って、きっと、永遠にゴールにたどり着くことはありません。

どれだけ練習しても、ずっと課題は目の前に表れ続けます。それは楽しさと同時に、いつまでたっても完成しない苦しさと向き合わなければないらない、ということを意味します。

 

終わりのない戦いに挑んでいる気持ちになる。これは、幸せでなことでもあり、苦しいことでもあるんです。

それでも、幸せの方がずっと大きい

たくさんの辛さを感じることがある。それでも音楽ってどうしようもなく素晴らしいものです。

 

音楽を続けていたおかげで「生きてて良かった」って思えたことも何度もあります。

人生でこんなにたくさんの経験や感動を味わえるのは、音楽を続けているおかげだな、と思うこともよくありますし。

 

きっと、真剣に音楽に取り組んでいるひとは、多かれ少なかれ、しんどさや辛さを感じているんだろうな、と思います。

でも、それでも辞められないほどの魅力が、音楽にはあるんです。

 

真剣に取り組む辛さと幸せを教えてくれる。そんな音楽に、私はこれからも魅了され続けるのだと思います。

 

 

演奏会の服装にも、色々とエピソードがあるんですよ

以前、あるプロオケの演奏会を聞きに行ったときに、いつものようにカジュアルな格好で出掛けたことがあります。

いつもなら、プロオケの演奏会でもカジュアルな格好で浮くことはないのですが、その時の演奏会は、いつもより少しお値段が高めの演奏会でした。 

 

会場に着いてみたらお客さんは、スーツを来ていたり、キレイ目のワンピースを着ていたり。なかには着物で来られている方もいたりして、いつも行く演奏会より、雰囲気がキッチリしていました。

 

カジュアルな格好の私は、場違いな感じになってしまい、「もう少しフォーマルな格好をしてきたら良かった、失敗したな」と思ったことがあります。
 
お値段が高めのクラシックの演奏会では、キッチリした格好で聞きに行くのが無難ですね。
 
これは、お客さんとして演奏会に行ったときの話ですが、演奏者として演奏会に出演するときにも、服装(衣装)については、なにかとネタになるようなことが起こります。

 

今回は、そんな服装についての話を紹介したいと思います。

f:id:gbassmusic:20171206134129p:plain

黒か白かで毎回話し合う

演奏会では、演奏者は事前に服装を指定されています。

私が所属していたアマオケでは、プログラムの前半は上下とも黒、後半は上は白で下は黒、という感じで、服装が決まっていました。
私は「服が2セット必要だから面倒だな」とか思ったりしてたのですが、意外とこれは、効率的な方法だったのかもしれません。というのも、こんなことがあったのです。

 

私がエキストラで参加した演奏会での話し。

そのアマオケの演奏会では、前回は上が白で下が黒、今回は上下とも黒、という感じで、演奏会ごとに服装が決まっていました。

 

これは良い方法だ、と思ったのですが、演奏会の度に「前回は、上下とも黒だったんだから、今回は上は白で下は黒で良いじゃないか」「いや、今回の演奏会も上下とも黒が良い」と意見がぶつかるらしいです。そこのアマオケの人が教えてくれました。

 

その話を聞いて、服を2セット持って来るのは、荷物にはなるけど、話し合う時間がかからない分、効率的な方法なのかもな、と思ったりしました。

ドレスの話

女性なら、上下とも黒の指定の場合、黒のドレスを着て演奏する人もいます。

私のアマオケの友人なんかは、「演奏会ではドレスを着れるから嬉しい」と言っていました。ただ、その張り切りが、裏目に出てしまったことがあります。

 

演奏会が終わり、お客さんが書いてくれたアンケートに目を通していると「露出の多いドレスを着られると、目のやり場に困る」というコメントが。

確かに、ドレスに大きめのスリットが入っていたり、デコルテが見えたりで、お客さんによっては、露出が多いと感じる人がいたかもしれません。

 

聞きに来てくれるお客さんの為にも、あまり張り切らず、ドレスの露出は、控え目の方が良いかもしれないですね。

 

ちなみに、女性が色とりどりのキレイなドレスを着て演奏している演奏会もありますよね。その時は、他の演奏者と色が被らないように、ドレスの色を相談して決めている、という話を聞いたことがあります。

 

華やかなドレスを着て演奏するのは、見ている人も演奏者も楽しいのですが、意外と気を使うこともあるみたいです。

 

羽織ったまま舞台に出るところだった

冬の演奏会に、舞台袖で待機していると、少し肌寒く感じることがあります。そんなときは、衣装の上からカーディガンを羽織ったりするのですが、意外とカーディガンの存在って忘れがち。

 

ある演奏会で、出演の時間になり、危うくカーディガンを着たまま舞台に出そうになったところを、コントラバスパートの人に教えてもらって、慌てて脱いで出場したことがあります。

カーディガンを羽織ったまま演奏していたら、すごく目立ってしまうところでした。

まとめ

服って、意識しないと気にもとめませんが、色々なエピソードがあるんです。演奏会で、服にも注目してみると、楽しいかもしれませんね。

 

 

楽器の値段を人に訊ねるのはどうなのか?

f:id:gbassmusic:20171214150122j:plain

一度、苦い失敗してしまったことがあります。私が、まだ自分のコントラバスを持っていなくて、「いつか購入したいな」と思っていた頃のことです。

 

自分の楽器を持っているバイオリニストの方と話すことがあって「いくらのバイオリンを購入したのですか?」と悪気なく訊ねてしまったのです。

私としては、購入する楽器の予算の参考にしたいな、と思って、軽く訊ねただけだったのですが、その方はやんわりと話題を変えたので「あれ?聞いちゃいけないことだったのかな」と思って、焦りました。

 

今思うと、やはり楽器の値段を訊ねるって、あまり良くなかったかな、と思います

レッスンで聞いてみた

レッスンで「楽器の購入を考えています」という話をすることがありましたが、その時は、先生は自分の楽器を購入した経緯や、値段について詳しく話してくれていました。先生とのやりとりがあったので、その時まで「楽器の値段を人に訊ねるのは、別に普通のことなのだ」と思っていました。

 

でも、バイオリニストの方の反応が気になったので、先生にそのエピソードを話して「楽器の値段を訊ねるって、どうなんでしょうか?」と聞いてみました。

 

すると、やはり「人によっては嫌がるかもしれないね」ということでした。

別の人と話したとき

自分の楽器を購入したあと、チェロの方と話す機会があり、「自分の楽器を購入しました」という話題になりました。

その時、そのチェリストの方は、値段については一切触れず「そうなんだ」というあっさりした反応でした。

 

そのあと、コントラバスのトップの方に、楽器を購入したことを話すと「へえ、いくらの楽器を購入したの?」と、金額の話題になりました。あと、全く楽器を演奏したことがない人にも、楽器を購入したことを話したら、金額について訊ねられました。

 

訊ねてきた人たちは、本当に何の悪気もなく、軽い感じで話題にするので、以前の私と同じ気持ちだと思います。つまり、ただの興味や、軽く話題にするだけですね。実際、私も、何回か演奏家仲間に楽器の値段を聞いたことがあるのですが、すんなり教えてくれる人もいました。

 

なので、人によっては楽器の値段を軽く訊ねるし、値段を相手に訊ねるのは失礼だ、と考える人もいる、ということですね。

結論

結論としては、やはり、楽器の値段を聞かれて嫌な気になる人もいるので、値段を訊ねるのは、止めた方が無難だと思います。

 

どうしても聞きたいなら、「楽器を購入しようと思ってて、これくらいの予算なんですけど」などの前置きをしてみたり、少し工夫した方が良いですね。

 

ちなみに、少し話が違いますが、この話題になったときに、先生が言っていたことがあります。客演で参加したアマオケで、初対面の演奏家の方に、いきなり「そのコントラバスは、どこメーカーの楽器だ?」と訊ねられらた、とのことでした。

 

「ある程度打ち解けてからなら分かるけど、初対面で挨拶もなしに、その言葉はないよね」とのことでした。

楽器のメーカーを訊ねるのも、値段を訊ねるのと同じで、デリケートな話題なのかもしれないです。

 

レッスンに通っているだけでは、こんな文化がある、ということは分からないので、アマオケとか、現場で実際に過ごしてみる、というのは大切なことですね。

 

 

何かに夢中になる人って、「とりあえずやってみる」ができる人だと思う

何かをやる前から「面白そうだけど、自分には難しそう」とか「興味はあるけど、多分続かないだろうな」と考えるのは、勿体無いです。

 

そういう風に考えているものこそが、実は、自分にとって、夢中になって楽しめるものかもしれないからです。

f:id:gbassmusic:20171201221829p:plain

家族が、ゴルフにハマるまで

私の家族に、ゴルフに全く興味がなかったのに、今はゴルフが大好きになった人がいます。

 

ゴルフを始めた最初のきっかけは、会社の同僚からのお誘いでした。

「付き合いだし、まあやってみるか」と、正直、最初はゴルフに対して、そこまで強い興味はなかったようです。

 

友人から安いゴルフセットを譲り受け、試しにゴルフの練習を始めました。

 

そうすると、ゴルフ場に行く度に、少しずつゴルフにのめり込んでいくことに。

今では、テレビでゴルフ中継を見たり、打ちっぱなしに行ったりして、ゴルフを思いきり楽しんでいます。

夢中になる、ということ

こんな感じで、何かにハマる為に一番大切なのは、実際に自分でやってみることなのです。

 

実際にやってみると、思ってもいなかった楽しみが分かるし、その物事の奥の深さに気がついたりします。

 

外から、ただ眺めてるだけでは、なかなか、何かに夢中になるのは難しいのです。

 

あとは、何かに夢中になるには、環境も大切です。

私は、今はアマオケに所属していませんが、楽器のレッスンは定期的に受けています。レッスンが、良い刺激となって、楽器を弾く楽しさを維持できているのです。

 

どれだけ好きなことでも、一人で黙々と続けるのは、意外と大変です。時々で良いので、その物事に関係している人に会う機会を作っていると、続けやすくなります。

続けていくうちにネットワークが出来てくる 

何かにハマって、それを続けていくと、その物事に関連した仲間が増えてきます。

 

仲間が出来ると、充実感が出てくるし、仲間を通じた良い経験が出来るし、その物事に、一層のめり込んでいくことになります。

 

そうなったら、その夢中になっている物事が自分の生活の一部となり、それ無しの生活だと物足りない気持ちになってくるのです。

 

こういう風に、きっかけは何でも良いので、続けていくうちに、夢中になって楽しめるようになります。

まとめ

何かにハマるまでの過程を紹介しました。

 

夢中で好きなことをしていると、日常を忘れられるし、良いリフレッシュになって、エネルギーが沸いてきます。

 

まずは何でも良いので、気軽に始めてみてください。

自分が何にハマるかなんて、やってみないと分からないのですから。

 

 

楽器の扱い方に気を付けよう!

長年、楽器を弾いていると、不注意や事故で楽器を傷つけてしまった、という話を聞くことがあります。

 

事前に知っておくと、防げるものも多いので、「こんなことに気を付けた方が良い」ということを紹介します。

f:id:gbassmusic:20171122190826j:plain

楽器を落とさないようにしましょう

バイオリンやヴィオラの演奏者と話をしていたときに、「肩当てをせずに楽器を構える機会があったが、力加減が分からずに楽器を落としてしまったことがある」という話を聞きました。

 

楽器が壊れることはなかったそうですが、一度落として以降、しばらくの間、演奏するのが怖かった、とのことです。

 

楽器を落としてしまうと、こんな風に、メンタルにも影響があります。

楽しく演奏するためにも、楽器は落とさないように、気を付けましょう。

引きずらないようにしましょう

チューバや、コントラバス奏者に気を付けてほしいことです。

床に置いていた楽器を構えるときに、引きずって楽器を持ち上げる人がいます。

 

チューバなら床と接しているベルの部分を、コントラバスなら、床と接している側板の部分を、です。

 

私の知り合いは、引きずって持ち上げる癖のあるチューバ奏者の楽器を見たら、ベルが床で傷ついてボロボロだった、と言っていました。

コントラバスも、引きずって持ち上げていると、同じことになります。

 

少し注意すれば防げることなので、気を付けましょう。

楽器を倒さないようにしましょう

アマオケでの実話です。

 

アマオケの練習が終わって、楽器を片付ける時間になり、チェロを椅子に立て掛けて席を離れている人がいました。

 

これ自体は、よくあることなので、特に問題はありません。

ただ、その時に使用していた練習場は狭く、チェロの近くで、楽器を片付けている別の奏者がいました。

 

そして、近くにチェロがあることに気がつかなかったその奏者の体が、チェロに当たって、チェロが倒れてしまったのです。

 

狭い場所だと、こんな事故が起こるかもしれません。

 

楽器のそばを通ったり、楽器の近くで作業するときは、細心の注意が必要です。

弓を大切に扱いましょう

知り合いのバイオリニストは、子供の時に、バイオリンの弓を2回ほど折ったことがある、と言っていました。

 

弓は乱暴に扱うと折れてしまうかもしれません。丁寧に扱うようにしてくださいね。

まとめ

楽器は、丁寧に扱わないと、最悪の場合、壊れてしまうこともあります。

楽器の扱い方に気を付けて、音楽ライフを楽しんでくださいね。