言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

上達

みるみる上達する人は、変化させることを大切にしている

い何かを始めるときに、まずは、しっかり調べようとする人がいます。 場合によっては、調べてから取りかかった方が効率的なこともありますが、楽器に関しては、その方法だと、上達が遅くなるかもしれません。 楽器の演奏技術は、演奏するうちに上達していく…

ポジティブな考え方ができるかどうかで、上達するスピードが変わる

演奏技術は、何年もかけて磨いていくものなので、楽しく取り組むことが、大切になってきます。楽しくなければ、続けられないからです。 そして、結局、練習を続けている人が、上達していくのです。 そこで、今回は、上達するために大切な「ポジティブに楽器…

なぜ弾けないのか分からない!そんな時の対処方法

楽器の練習をするときに大切なのが「自分が何が出来てなくて、今、弾けない状況になっているのか」ということを分かった上で練習する、ということです。 課題が分からないまま練習しても弾けるようにはならないのです。 ただ、いつも、正しい課題を見つけら…

「下手になっても良い」と考えられるかどうかが、上達の別れ道

楽器を練習していると「この弾き方を選んでも良いんだろうか」と悩む場面が出てくると思います。 例えば私は、レッスンで先生に「怖いかもしれないけど、もうそろそろ力に頼った弾き方じゃなくて、脱力して弾けるように、練習していかないとね」と言われまし…

練習の成果が表れなくても、焦る必要はない

「練習しているのに、なんだか上手になっている気がしない」「周りの人達が上手だから、早く追い付きたいのに、上手くいかない」 そう思って、落ち込んでいる人がいるかもしれません。 私も「早く上手にならなくちゃ」と思って、焦って練習しても、上達して…

「絶対、上達してみせる」と本気で決心した時の話

楽器の演奏のレベルを上げるためには、時間をかけるだけの練習をしても意味はありません。 本気でのめりこめるかどうかの方が、時間をかけて練習することよりも、はるかに大切なことなのです。 のんびり上達したら良いや、と思っていた 私は、コントラバスを…

演奏技術が上達する前と後では、どんな変化があるのか?

私が所属していたアマオケのコントラバス奏者で、私よりずっと上手に演奏する人がいました。 楽器の経験年数は20数年と、長く演奏活動をされている人でした。でも、長く活動したから上達した、という訳ではないです。 同じアマオケに、長く演奏活動をしてい…

上達することの本質について、理解できていますか?

「達人は、難しそうなことを簡単にする」という言葉を聞いたことがあります。 これは、上達することを上手に言い表している言葉ですね。 私は、上達する、ということは、「いらないものを削ぎ落として、その動作が簡単にできるようにすること」だと考えてい…