言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

内容の濃いレッスンを受けるためには?

私は、レッスンに通って4年くらいになりますが、レッスンを受けるのが好きです。

レッスンは、上達しやすくなるし、先生から色々と勉強になる話を聞けるし、良いこと尽くめだと思っています。

 

ちなみに、私はマンツーマンのレッスンを受けているのですが、レッスンを受けるときの考え方次第で、レッスンの効果が大きく変わると思っています。

 

今回は、「どんな心構えでレッスンを受けたら、内容の濃い良いレッスンを受けられるのか」

これについて、書いていきます。

f:id:gbassmusic:20170519195150j:plain

先生を信頼する

こちらでも書きましたが、レッスンは、先生との相性が、すごく大切です。 

良いレッスンが受けられるかどうかは、先生との相性で決まる - コントラバスと歌う日々

 

自分と相性が良くない先生のレッスンを受けると、上達しにくくなるし、最悪、楽器を辞めてしまうことになるかもしれません。

 

ですので、私は、自分が信頼できる先生からレッスンを受けるのが重要だと思っています。

 

「この人から教わりたい」そういう先生をまず見つけること。

そして、そんな先生と出会えたら、その先生を信頼してください。

 

「本当にこの先生に教えてもらってたら、上手になるのかな?」なんて考えてしまうと、先生にも伝わりますし、上達が遅くなってしまいます。

レッスンは、あくまで参考にするだけ

「レッスンを受けてさえいれば上達する」と考えている人がいるかもしれませんね。でも、それだと、上達するのは、ちょっと難しいかもしれません。

 

私は、レッスンは、あくまで「自宅で練習してきたことを先生に見てもらって、今後の練習の参考にする場所」だと思っています。

 

「レッスンで上達して、自宅ではその上達した状態をキープする」という考えでは上手くいかないです。

 

毎日レッスンに通っている人は良いかもしれませんが、普通は、何週間に一回とか、何ヵ月に一回くらいのペースで通いますよね。そうなると、自宅で練習する時間の方が多いはずです。

 

あくまで、レッスンは練習の参考にするだけ。これぐらいの気持ちでいた方が、上達しやすくなります。

共にレッスンを盛り上げる

レッスンは、先生と生徒のコミュニケーションが大切です。

こちらが楽しそうにレッスンを受けると、先生も楽しそうにレッスンをしてくれるのです。 

 

なので、先生の気持ちを、こちらに向け続けるのは、生徒の役目です。

 

自分が熱心にレッスンに取り組んだら、先生も真剣に教えてくれますよ。

まとめ

レッスンを受けるときの心構えについて書きました。

 

レッスンでは、先生から思いもよらなかった課題を指摘されたり、自分では思いつかなかった解決策を教えてもらえたり。

とても楽しくて、有意義な時間を過ごすことが出来ます。

 

楽しんでレッスンを受ける。実は、これが一番上達しやすくなるレッスンの受け方なのかもしれません。