言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

趣味がない人必見!夢中になる趣味の見つけ方

f:id:gbassmusic:20171219191816j:plain

今、あなたには、趣味がありますか?もしかしたら、趣味を探しているところかもしれませんね。

 

個人的には、是非、楽器を趣味に取り入れてほしいところですが、先ずは趣味の見つけ方から書いていこうと思います。  

 

夢中になる趣味の見つけ方

じつは、最初から夢中になる趣味が存在している訳ではありません。

 

 

人は、ある特定のことに、時間をかけて、エネルギーを注いでいく過程で、どんどんのめり込んで、好きになっていくのです。

 

ずっと心にひっかかっていたり、興味があるけれど、取り組む機会がなかったものは、ありませんか? 

 

どんなに時間が経っても魅力を感じるものは、自分にとって本当に大切なものです。

 

その魅力を感じることを大事に育てていけば、自分にとってかけがえのないものになります。つまり夢中になる趣味に変わっていくのです。

 

ずっとやりたいと思っていたヨガや、興味を持っているけれど、時間がなくて出来なかったカメラなどなど。

 

あと、子供の時に好きだったものも、夢中になる趣味になることがありますよ。例えば、私は、昔から音楽を聞くことが好きでした。それが、今の趣味(コントラバスを演奏すること)になっています。

 

見つけたら、育てることが必要

最初から「生き甲斐を見つけよう!」と意気込まないで、まずは、自分が長年興味を持っているものをよく考えてみましょう。  

 

見つけたら、次に、好きになるように工夫してみてください。私が考え付くのはこんな感じです。

 

・モチベーションを保つためにレッスンに通う。

・趣味に関係する仲間をつくる。

・とにかく続けることが一番。続けられないような無理はしない。

・その趣味に関する情報を集める。意外な歴史が分かったりして、興味が深まる

・上達したことがわかる状態にしておく。例えば、練習ノートを作る。

 

などです。人は、打ち込めば打ち込むほど、対象のものに夢中になっていきます。

 

ですので、「夢中になる趣味」とは、「自分が全力を注いでいるうちに好きになったもの」と言い換えることができます。

やってみて、違和感を感じたら、辞めてみる

ただ、いざ、やってみたら、自分が思っていた内容と違う、ということがあります。

 

そういう時は、無理せずに一旦、辞めてしまいましょう。本当に自分に向いていることなら、またやりたくなるはずです。

 

自分が興味があるものは、時間が許す限り、どんどんやってみましょう。合わなかったら、辞めたら良いのです。

 

たくさんチャレンジしてみて「これを極めてみたい」と少しでも思うものに出会えたら、大事に育ててみてください。

それが、夢中になる趣味になっていきますよ。