言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

プロの演奏に圧倒された。心に残る素晴らしい演奏会だった

先日、演奏会を聞きにいきました。プロの演奏家たちによる、八重奏です。

 

チケットを取ってから、この日が来るのをずっと楽しみにしていました。会場に着くと、客席は満席で、たくさんのお客さんがいます。わくわくして、客席に座りました。

 

演奏が終わったときは、心が満たされて、幸せな気持ちになりました。

期待していた以上の素晴らしい演奏会でした。

 

この気持ちを、言葉で説明するのは難しいですが、感動を伝えるために、文字にしてみます。

 

 

f:id:gbassmusic:20170131184004j:plain

引き込まれる

演奏家たちによって奏でられる音楽は、ものすごく美しくて、聞いていると、まるで、夢の中の出来事のようです。音楽が作り出している世界に、自分の心が入り込む感じです。

 

音楽のテンポが早くなると、気分も盛り上がるし、しっとりしたフレーズなら、気分も落ち着きます。音楽の色と心の色が同じになるような、そんなイメージです。

 

音楽には、聞く人の気持ちを変える力があることが、よく分かりました。

音にその人自身が宿っている

演奏家が奏でる音に、その人そのものが宿っているように感じました。

 

個性のある音とか、その人にしか出せない音とか、そういう表現をされる音です。演奏家の魂がこもっているようです。

 

その音色を聞くと「ただ、美しいだけではない、完璧の上をいく音を聞いている」そんな気持ちになります。

 

鳥肌が立ちました。

 

楽器それぞれの良さを引き立てあってる

コントラバスには、コントラバスの役割があり、他の楽器には他の楽器の役割があります。 

 

お互いがお互いの音を必要としていて、そして、しっかりと、それぞれの楽器の役割を果たしている。それにはお互いの信頼がないといけないし、もちろん技術も必要です。

 

それを完璧に仕上げている様子に、一流の演奏者の貫録を感じました。

 

演奏会が終わった

演奏が終わると、拍手の嵐でした。8人だけで、あれほどの迫力のある音楽を作れるのは、羨ましく思いました。

 

プロの演奏家は、素晴らしいです。聞く人の心に直接届くような、そんな最高の音楽でした。

 

また、機会があれば、是非、聞きに行きたいです。