言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

演奏技術が上達しない5つの原因

どれだけ楽器を練習しても、自分も、周りの奏者も「上手になった」と思わない。こんなことになっていませんか?

 

私は、アマオケに入団して、楽器を始めたときに、いくら練習しても上達できませんでした。

 

そこで、今思うと、「これが原因で上達できなかったのじゃないか」という理由を5つ、上げていきたいと思います。

 

f:id:gbassmusic:20171129221702p:plain

上手な人が周りにいない

上手な人が身近にいると、それが基準になります。

 

CDやYouTubeなどで、プロの演奏を聞いても、なんとなく雲の上の存在のような気がして、身近に感じません。「自分にはとても無理だな」と思ってしまうのです。
 
しかし、身近なひとが、自分には弾けないようなレベルで弾いていても、自分にも弾けそうな気持ちになります。
 
「この人が弾けるんだし、自分も弾けるかもしれない」と、高いレベルの技術が、自分の手の届く距離にあるような気になるのです。

 

これは、とても大事な感覚です。

身近に上手な人がいると、目標が明確になるので、上達しやすくなります。

 

ですので、もし、身近に上手な人がいない時は、レッスンへ行ってみてください。レッスンの先生が、「身近な上手な人」になってくれますよ。

 

上手にならなくても特に困らない

これは逆に、腕の立つ人が自分の近くにいるケースです。

 

「自分が上手にならなくても、この人がいれば、大丈夫」と安心してしまうのです。

 

弾けないところは、腕の立つ人に任せて、自分は、弾けそうなところだけ弾く。最初はこれでも良いと思いますが、この状態がずっと続くと、進歩がありません。

 

「いつまでも上手な人に頼っていてはいけない」と決心するまで、心理的に甘えてしまい、なかなか上達しません。

 

基礎練習が出来ていない

「何時間も曲を練習しても、曲は弾けるようになるけど、基礎力が上がらない。」こんな悩みを抱えている人がいるかもしれません。

 

基礎力を上げるには、曲練習だけでなく、基礎練習をする必要があります。曲練習だけだと、その曲を弾けるようになっても、別の曲になると、また一からやり直しになるのです。

 

でも、忙しくて、曲練習だけで、手が一杯の人もいると思います。

 

理想としては、「1曲仕上げるたびに、上達していき、次の曲を演奏するころには、前の曲を演奏した時よりも、上手になっている」、この状態だと思います。

 

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

musicbass.hatenablog.com

 

この記事に書いたことを、基礎練習をするときだけでなく、曲を練習するときにも意識して練習してみてください。

 

少しずつ上達すると思いますよ。

 

レッスンに通っていない

「レッスンに通うのは、なんとなく面倒。」そう思うかもしれません。

 

できることなら、お金も、通う手間もかからない、独学で上達したいですよね。でも、それでは、遠回りになります。

 

「レッスンで先生に直接教えてもらえる」ということは、文字の情報の何倍も価値があります。

 

例えば、「左の腕は下げないようにする」という情報を教則本で見たとします。でも、どれだけ「下げないように」するのが正解なのでしょうか?

 

もしかしたら、「下げないように」意識して、「上げすぎている」状態になってしまうかもしれません。

 

そして、間違いを指摘してくれる人がいなければ「なんか弾きにくいけど、下げないようにするのが正解なら、この状態が正解だよな。この状態に慣れなければ」と思う可能性があります。

自分に合う、もっと楽な姿勢があるにも関わらず・・。

 

自分の体格にも、腕の長さにも合わない姿勢で演奏する癖がついてしまったら、体を痛めてしまうかもしれません。

 

レッスンに通うことは大変かもしれませんが、上達したいのなら、レッスンに通うことをお勧めします。

 

練習の質が悪い

意外と、自分は、たくさん練習している気持ちになっているだけで、必要な練習が出来ていないことがあります。

 

無駄に長く練習する必要はありません。でも、効率の良い練習は、必要です。上達する為の質の良い練習を、短時間でも良いので、するようにしてみてください。

 

時間をかけるだけの練習よりも、上達しやすくなります。

 

まとめ

上達しない原因を5つ書いてみました。

 

  • 上手な人が周りにいない
  • 上手にならなくても特に困らない
  • 基礎練習が出来ていない
  • レッスンに通ってない
  • 練習の質が悪い

 

私も、上達しなくて、苦しい時期がありましたが、これらを見直して、今は少しずつですが、上達するようになりました。

 

参考になれば、嬉しいです。