言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

CDやYouTubeでしか音楽を聞かないのは損。私が演奏会に行く理由

私は、年に数回、演奏会を聞きに行きます。アマオケ、プロオケともに、演奏会では、CDやYouTubeからは伝わらない迫力を感じることができます。

 

もしかしたら、演奏会に行ったことがない人がいるかもしれません。そこで、演奏会の魅力について、書いていきたいと思います。

 

f:id:gbassmusic:20170120190818j:plain

 

 

音のパワーを味わえる

演奏会では、オーケストラの音を、直接感じることが出来ます。画面や、機械を通した音では伝わらない、音のパワーを、演奏会では感じることが出来るのです。

 

音のパワーとは、振動です。演奏会では、音が空気を振動する感覚を肌で感じながら、音楽を楽しむことができます。

 

これは、演奏会ならではの体験です。

その時、その場所にいる人だけにしか聞けない音楽がある

演奏会で演奏されるのは、その時、その場所でしか聞けない音楽です。

 

どれだけ録音や録画をしても、それは、過去の音楽になってしまい、生き生きとしたリアルな音楽ではなくなってしまいます。

 

その理由は恐らく、画面を通すと、高揚感や、ホールの匂い、奏者の息づかいなど、その場でしか味わえない感覚が薄くなるからです。

 

その時、その場所にいる人にしか聞けない音楽を聞くことが出来る。これも、演奏会の魅力のひとつです。

 

ホールで音楽を聴く大切さ

「演奏会ホールは生き物だ」これは、アマオケの指揮者の方が言っていた言葉です。

 

さらに「お客さんがいないホールで演奏するのと、お客さんがいるホールで演奏するのは、全然違う」と、アマオケの団員の方が言っていました。

 

演奏会ホールで音楽を聞く。これは、オーケストラや、お客さん全員で、生きている音楽を作る、ということを意味しています。

 

音楽を作る一員になれる。

これが、私が演奏会を聞きに行く最大の理由です。

 

 

最後に、演奏会に行くときの持ち物

演奏会は、チケットさえあれば入場できるので、特に必要なものはありません。

ただ、私は、チケット以外に必ず持っていく物があります。

 

参考になるかと思いますので、演奏会に持って行ったら便利な2つのものをリストアップしたいと思います。 

 

持ち物リスト

  1. マスク
  2. のど飴 

 

ひとつずつ見ていきたいと思います。

マスクを持っていく理由

演奏会では、物音をたててはいけません。無音の状態から音楽が作られるからです。 

 

ただ、「音を出してはいけない」というのは結構プレッシャーがかかります。そして、ホール内は、乾燥しがちなので、咳が出やすくなります。

 

そんなときに便利なのがマスクです。

喉が保湿できるし、咳をするときに、音を小さくしてくれます。

 

のど飴を持っていく理由

マスクでは押さえきれないほど、喉の調子が悪かったら、のど飴が効果的です。

 

ただ、ホール内は、基本的には飲食禁止です。さらに、のど飴の包装紙を破るときは、大きな音が出ます。 

 

のど飴を食べるときは、周りのお客さんに迷惑にならないように、こっそりと食べてください。

 

まとめ

機会があれば、是非一度、生のオーケストラの音を聞きに行ってみてください。とても良い経験になると思いますよ。