言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

コントラバスを購入しよう!と決めた理由

私は、コントラバスを弾いていますが、長い間、使用する楽器は、所属するアマオケから借りているものでした。

 

楽器は、とても高価なものです。趣味で使うには、大きな金額なので、楽器を購入するかどうか、ずっと迷っていました。

 

実際、同じアマオケに所属するコントラバス奏者で、自分の楽器は購入せずに、ずっと借りている人もいたので「必ず楽器を購入しなければならない」という訳ではありませんでした。

 

しかし、最近、一大決心をして、自分の楽器を購入しました。

 

私が、楽器を購入しようと思った理由について書いていきます

f:id:gbassmusic:20171210181657j:plain

自分に合っている楽器が欲しかったから

レンタルしている楽器の場合、自分専用ではないので、自分にとって弾きやすい楽器とは限りません。予算に合わせて購入された楽器だったり、誰かから寄付された楽器だったりして、そこにある訳です。

 

でも、自分で探してきた楽器を購入すると、自分の体格や、弾き方に合う楽器を手に入れることが出来ます。 

 

「自分に合う楽器を演奏したい」と思ったことが、楽器の購入を決めた、理由の一つです。

 

上達すると聞いたから

以前、楽団の人に「自分の楽器を購入すると、上達しやすいよ」と言われたことがあります。その時は、理由が分からなかったのですが、購入した今なら、理由が分かります。

 

自分に合っている楽器だと、練習時間が伸びるのです。体への負担が減るからだと思います。

 

また、自分の楽器だと、やっぱり、愛着がわきます。そうすると、「長く楽器に触れていたい」という気持ちになります。それも、練習時間が伸びる要因です。

 

練習時間が伸びると、上達しやすくなりますよね。

 

さらに、自分に合っている楽器だと、弾きやすいので、それだけで音色が良くなります。

 

実際、私は、借りていた楽器よりも、購入した楽器の方が、指板が手になじむ感覚があるので、思い通りに演奏しやすくなりました。

 

「上達すると聞いたから」。これも楽器の購入を決めた理由の一つです。

 

カスタマイズをしたかったから

借りている楽器だと、楽器に対して何かカスタマイズしたくても、許可が必要です。

 

例えば、「自分の弾き方に合わせて駒を削る」「弦を自分好みのメーカーのものに変える」「エンドピンを変えてみる」など、色々試してみたくても、自由に変更できないのです。

 

でも、自分の楽器を購入すれば、好きなようにカスタマイズできます。それも魅力の一つだったので、購入しました。

 

ただ、カスタマイズに気を取られてしまい、「練習することによって、上達する」ことが、おろそかにならないように気を付けないといけませんが・・。

まとめ

楽器は、高価なものなので、なかなか購入を決心できないかもしれません。でも、私は、自分の楽器を手に入れたあと、演奏する喜びが増しました。

 

自分の楽器を購入することに憧れがあるなら、一度、楽器屋さんに行ってみるのもお勧めです。

 

自分が求めているのは、どんな楽器なのか、イメージしやすくなると思いますよ。