言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

楽器の練習をするモチベーションを保つ方法

楽器の練習を楽しんでいますか?もしかしたら、楽器を弾く、ということに対してモチベーションが保てなくなっているかもしれませんね。

 

モチベーションを保つには、コツがあります。今回は、モチベーションを保つための考え方を書いていこうと思います。

f:id:gbassmusic:20170202184411j:plain

変化することを楽しむ

モチベーションを保つためには、「練習によって目標を達成する」ことに重点を置かないことです。

それよりも、「練習すること自体を楽しむ」ようにしてください。

 

例えば、「このフレーズをスラスラと弾けるようにする」ことを目標にして、練習するとします。弾けるようになれば楽しいのですが、いくら練習しても、弾けなかった場合、どうなるでしょうか?

練習するのが嫌になりますよね。

 

でも、練習すること自体を楽しむことが出来れば、結果が出なくても、モチベーションを保つことが出来ます。

 

その為にはどうすれば良いか?

練習によって自分が変化することに価値を置くようにしたら良いのです。

 

変化とは、例えば、「前回、練習したときよりも腕が楽に動くようになった」「弓の切り返しで、違和感なく、音をつなげて弾けるようになった」など本当に小さな変化で良いのです。

 

「スラスラと弾けるようになる」という目標だけを見て頑張るのではなく、目標に近づく過程を楽しむ感じです。

変化していることを確認する方法

 

変化を分かりやすく確認する方法があります。それは、練習内容をノートに書いておくことです。

 

練習内容をこまめにノートに書くようにすると、見返したときに「そうか、以前は、こんなところで、自分はつまずいていたんだな。でも、今は出来るようになったよな」ということが分かります。

 

自分が上手になっていることが分かれば、自信が出るし、やる気につながります。つまり、モチベーションを保って、楽器を練習することが出来るようになるのです。

 

無理はしない

あと、大切なことは、無理をしないことです。練習していて、自分の思い通りにならないと、誰でもネガティブな気持ちになります。

 

そんな時は、無理せずに休んでください。

 

楽器を練習する上で、一番大事なことは、自分を否定をしないことです。「なんでこんなことも出来ないんだ」と自分を責めても、上達することはありません。

 

それよりも、「こんな時もある」と楽に考えてみてくださいね。

 

モチベーションを保つには、自分に厳しくしすぎないこと。これも大事なことです。

楽器上達は長い道のり

楽器の練習には終わりがありません。いつだって、目の前に課題が現れ続けます。

 

ですので、途中で休んでも良いので、練習を続けることを大事にしてください。

練習を続けてさえいれば、少しずつ上達していきますよ。