言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

練習の成果が表れなくても、焦る必要はない

「練習しているのに、なんだか上手になっている気がしない」「周りの人達が上手だから、早く追い付きたいのに、上手くいかない」

 

そう思って、落ち込んでいる人がいるかもしれません。

 

私も「早く上手にならなくちゃ」と思って、焦って練習しても、上達しているのか分からなくて、悩んだ時期がありました。

 

今回は、そんな状況から得た教訓について、書いていきたと思います。

 

f:id:gbassmusic:20171201154348j:plain

焦るようになった理由

私は、アマオケに入団した時は、「吹奏楽部でコントラバスを弾いていたから、余裕で演奏できるだろう」と考えていました。

 

でも、それは間違いでした。

 

アマオケで演奏しているうちに、基礎を固めないと、ついていけない状況になったのです。アマオケは楽しかったので、辞めたくありません。
 
「これはまずい。このままだと、合奏についていけない」と焦りました。
 

上達しない時期がある

基礎を固めるために、基礎練習に力を入れることにしました。

なにせ、早く上達しなければ、合奏についていけません。ですので、必死で練習しました。

 

焦って練習していたときに気が付いたことがあります。

「順調に上達するときもあるけど、上達しないときもあるな」と。

 

そこでこう考えました。「楽器の上達にはリズムがある。私の努力だけではどうしようもないから、上達しなくても、焦る必要はないのかも」と。

 

 

上達にはリズムがある

楽器が上達するときって、波があります。

 

「何段も飛ばしていきなりステップアップしたな」と感じることがあるし、「ここ最近、上手になってる気がしない」ってこともあります。

 

つまり、いつも同じ練習時間だったとしても、一定のスピードで規則正しく上達していく、という訳ではないのです。

 

 

例えば、上達してないように感じるときがあります。でも、それは、私の経験上、大抵、力を貯めている状態です。

芽を出す前に、種が土の中で力を蓄えているような状態です。

 

自分や周りの奏者は感じることは出来ませんが、今までの練習の成果は、着実に自分の中に貯まっています。

 

そして、貯まりきったタイミングで、それを肥やしにして、またステップアップするのです。

 

 ですので、練習時間や努力が足りないから、上達しない、という訳ではありません。上達していることが見えない時期だ、ということです。見えないところで、上達するための準備をしているのです。

 

私は、それが分かってから、すぐに結果が出なくても、焦らなくなりました。

まとめ

早く上手になりたいのに、なかなか上達しない、そんな時は、苦しいと思います。

でも、上達には、リズムがあるのです。

 

ですので、もし上達しない時期があっても、それが自然なことなので、焦らないでくださいね。

 

今までの練習は、決して無駄にはなっていませんよ。