言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

演奏が上手な人の特徴

レッスンを受けている時に、いつも思います。「先生は、本当に上手に演奏するなあ」と。

 

楽器を弾いている年数が長いことも理由のひとつです。でも、それ以外にも、理由がある、ということに気がつきました。

 

上手な演奏をする人は特徴があるのです。

f:id:gbassmusic:20170224130120j:plain

楽器を弾いてない時間も、音楽のことを考えている

楽器を持って演奏する。それだけが練習ではありません。

上手な人は、楽器の練習をするとき以外にも、音楽のことを考えています。

 

例えば、私の先生は「指の皮を厚くする為に、弦が当たる指の部分をズボン等でこすると良いよ」と言っていました。

 

あと、年配の演奏家が「楽器を長く弾けるように、毎日体を鍛えている」と言っていました。

 

楽器に触れていない時間にも、楽器や音楽のことを考えている。

上手な人には、そんな特徴があります。

 

細かいことを丁寧にさらう 

弾けないところが出てきたら、逃げてしまいそうになるかもしれません。

弾けているように見せる為に、弾くふりをするとか。それはそれで、演奏する上で必要な技術です。
 
でも、上手な人は、最初から逃げるようなことはしません。今の自分のレベルで弾ける、最高の演奏が出来るように、練習を続けるのです。

 

私の先生は、弾けないところが出てきたら、そこを抜き出して、毎日100回は練習する、と言っていました。

 

弾けるようになるまで、練習する。

簡単なようで、難しいことです。上手な人は、これが出来ます。

 

試行錯誤している

上手な人は、常に変化しています。

それは、練習するときに試行錯誤しているからです。

 

あるプロの演奏家が言っていた言葉です。「やっと最近、弓の使い方が分かってきたよ」と。

 

私は「プロの演奏家は、演奏技術を極めていて、もう上達することはないんじゃないか」と思っていました。

 

でも、プロでも、自分を高める為に、試行錯誤をずっと繰り返しているのです。

 

新しい技術に挑戦し続ける。上手な人にとっては、それが普通のことなのです。

 

楽器を続けている

楽器が上手になるための一番の方法は、練習を続けることです。

 

休んでも良いし、時には弾けない時期もあるかもしれません。でも、どんな形でも良いから、辞めることなく、楽器を弾き続ける。

 

そんな人が上手になっていくように思います。

まとめ

上手な人の特徴について、紹介しました。

 

最初から上手に演奏出来る人なんて、いません。みんな、少しずつ上手になっていくのです。

参考になれば、嬉しいです。