言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

楽器は基礎が出来てないと何も出来ない

みなさんは、基礎練習は、好きでしょうか?

「基礎練習って、あまり好きじゃない」という人がいるかもしれませんが、私は、基礎練習が好きです。

 

基礎練習が、どれだけ大切か、身に染みて分かっているからです。

f:id:gbassmusic:20171211184352j:plain

 

高校生のとき、基礎練習をしなかった

私は、高校生の時にコントラバスを弾き始めました。ただ、その時は、先輩も先生もおらず、完全に独学で練習をしていました。

 

基礎練習も、することにはしていたのですが、教本を適当にさらうだけ。今思えば、あまり意味のない練習をしていたな、と思います。

 

そんな状態で高校を卒業し、数年のブランクを経て、アマオケに入団しました。

演奏が出来なくなった

アマオケに入団して、しばらくは「オーケストラで演奏する」という状況に慣れるのに、時間がかかりました。

 

徐々に慣れてきたときに、ふと、気がつきました。

私は、同じアマオケのコントラバス奏者に比べて、あまりにも弾けていないのです。

 

大きな音を出しているつもりなのに、音が指揮者に届かなかったり、弓の動かし方の効率が悪くて速弾きが出来なかったり、音程が悪かったり・・・。

 

その時に思いました。「私は、基礎という土台がないから、全然弾けないんだ」と。

 

そして「この状況を打開するには、基礎練習をしっかりしなければ!このままだとついていけない」と強く思いました。

 

最初からやり直した

そして、基礎の基礎から、やり直すことにしたのです。

 

レッスンで教本の最初のページから、順番に進めていきました。

 

初歩的な弓の動かし方を習う、初心者がするような簡単な練習曲を練習する、基礎になるようなメニューに取り組む、などなど。

 

もし、私がアマオケに入団する前に、これらの練習に取り組んでいたら、面倒になって辞めてしまっていたかもしれません。

 

でも、基礎練習をないがしろにする気持ちには、なりませんでした。

 

だって、これらの練習をしてこなかったせいで、私は、後になってから、苦労しているのです。

思うような演奏がしたいのに、テクニックの問題で演奏できない、という苦しい状況にいるのです。

 

それが痛いほど分かっているから、どれだけ「初歩的な練習だな」と思うようなことにも、丁寧に取り組みました。

 

基礎をやり直した結果

基礎をやり直した結果、少しずつ効率の良い弾き方になっていきました。

 

今は取り敢えず、少しは土台部分を作れたと思っています。

 

もしかしたら、基礎練習を面倒に思って、真剣に取り組んでいない人がいるかもしれません。

地味だし、曲とは直接関係のない練習をしている気がして、嫌気が差すこともあるかもしれません。

 

でも、基礎という土台がないと、何も積み上げられないのです。

 

私は、基礎練習が好きです。思うように演奏できない苦しさから、少しずつ抜け出せているのは、基礎練習のおかげですから。