言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

コントラバス奏者がよく失敗するパターン

それぞれの楽器には、失敗しやすいパターンがあります。

楽器独特の事情があって、思わぬ出来事が起こるのですね。

 

そこで今回は、コントラバス奏者がよくやる失敗について紹介したいと思います。

「こういう失敗、したことがある」「こんなことかあるんだ。参考にしよう」とか思って頂けると嬉しいです。

f:id:gbassmusic:20171111222016j:plain

エンドピンが緩かった

エンドピンとは、コントラバスの高さを変えるために伸ばしたり引っ込めたりする部分ですね。私は、自分の身長に合わせて少しだけエンドピンを出して演奏しています。

 

本番前の舞台上でのことです。リハーサル中、「ガコッ!!」と音がして突然、楽器が下がりました。

 

「何が起こった?!」と思ったら、エンドピンの閉めかたが甘かったらしく、伸ばしていた状態のエンドピンが、楽器の重さに負けて、そのまま縮んだようでした。

 

その様子を見てた隣のコントラバス奏者の方に「それ、僕もよくやってたよ」と言われました。コントラバスあるあるなのですね。

 

本番ではなくて良かったです。

それ以来、エンドピンは、しっかり閉めるようになりました。

場所が狭かった

コントラバスは大きな楽器なので、演奏場所を決めるのは結構重要です。近すぎると、近くのコントラバス奏者の弓や体に当たってしまうのです。

 

以前、隣のコントラバス奏者に近い場所で演奏していたら、弓で相手の体を突いたことがあります。

突かれた方はびっくりするし、突いた方も申し訳ないしで、「もう少し間隔を広くしたら良かった」と思いました。

 

それ以来、楽器の角度を慎重に決めて、お互いにぶつからないように気を付けています。

譜面台が落ちる

コントラバスは大きな楽器なので、座って演奏してても、演奏者の目線は他の楽器奏者に比べて高めになります。

 

そうすると、必然的に、譜面台は、上まで伸ばす必要が出てきます。

 

ある日、譜面台に譜面を乗せて演奏していたら、「ガシャッ!」という音とともに、譜面台が急に縮みました。

 

「何が起こった?!」と思ったら譜面台のネジが緩くて、そのまま重さに負けて縮んだようでした。

コントラバスのエンドピンと同じような状態ですね。

 

隣のコントラバス奏者の方から「譜面台のネジって使ってるうちに、痛んじゃうからね。しっかりネジが締まる譜面台を用意した方が良いよ」とアドバイスされました。

まとめ

コントラバス奏者が、よくやる失敗について紹介しました。

 

一度失敗すると、それで勉強になるので、失敗は悪い事ばかりではありませんね。