言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

楽器の扱い方に気を付けよう!

長年、楽器を弾いていると、不注意や事故で楽器を傷つけてしまった、という話を聞くことがあります。

 

事前に知っておくと、防げるものも多いので、「こんなことに気を付けた方が良い」ということを紹介します。

f:id:gbassmusic:20171122190826j:plain

楽器を落とさないようにしましょう

バイオリンやヴィオラの演奏者と話をしていたときに、「肩当てをせずに楽器を構える機会があったが、力加減が分からずに楽器を落としてしまったことがある」という話を聞きました。

 

楽器が壊れることはなかったそうですが、一度落として以降、しばらくの間、演奏するのが怖かった、とのことです。

 

楽器を落としてしまうと、こんな風に、メンタルにも影響があります。

楽しく演奏するためにも、楽器は落とさないように、気を付けましょう。

引きずらないようにしましょう

チューバや、コントラバス奏者に気を付けてほしいことです。

床に置いていた楽器を構えるときに、引きずって楽器を持ち上げる人がいます。

 

チューバなら床と接しているベルの部分を、コントラバスなら、床と接している側板の部分を、です。

 

私の知り合いは、引きずって持ち上げる癖のあるチューバ奏者の楽器を見たら、ベルが床で傷ついてボロボロだった、と言っていました。

コントラバスも、引きずって持ち上げていると、同じことになります。

 

少し注意すれば防げることなので、気を付けましょう。

楽器を倒さないようにしましょう

アマオケでの実話です。

 

アマオケの練習が終わって、楽器を片付ける時間になり、チェロを椅子に立て掛けて席を離れている人がいました。

 

これ自体は、よくあることなので、特に問題はありません。

ただ、その時に使用していた練習場は狭く、チェロの近くで、楽器を片付けている別の奏者がいました。

 

そして、近くにチェロがあることに気がつかなかったその奏者の体が、チェロに当たって、チェロが倒れてしまったのです。

 

狭い場所だと、こんな事故が起こるかもしれません。

 

楽器のそばを通ったり、楽器の近くで作業するときは、細心の注意が必要です。

弓を大切に扱いましょう

知り合いのバイオリニストは、子供の時に、バイオリンの弓を2回ほど折ったことがある、と言っていました。

 

弓は乱暴に扱うと折れてしまうかもしれません。丁寧に扱うようにしてくださいね。

まとめ

楽器は、丁寧に扱わないと、最悪の場合、壊れてしまうこともあります。

楽器の扱い方に気を付けて、音楽ライフを楽しんでくださいね。