言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

私がブログを書く理由

このブログを始めて、4ヵ月近くになりました。まだ思うように文章を書くことは難しいですが、分かりやすい文章を目指して、少しずつ文章力を磨いていきたいと思います。

 

私が、ブログを書いている理由は、いくつかあります。

今回は、私がブログを書く理由について、書いて行きたいと思います。

f:id:gbassmusic:20170424182301j:plain

ブログを始めた動機は、自分の音楽経験を発信したい、というもの

私は楽器を演奏して、10年くらい経ちます。

その間に、色々と経験してきているので、人に聞いてもらいたい話が、たくさんありました。

 

「あんなことが楽しかったな」「こんなこともあったよな」と、良い思い出や、面白い話を人と共有したくて、話をしてみます。

でも、友達や家族は、なかなか熱心に聞いてくれません。

 

正直、私も興味がない野球の話や、ゴルフの話をされても、同じ反応をしてしまうと思います。

 

そこで「同じ音楽という趣味を持つ人に私の話を聞いてもらいたい」と思い、ブログを書き始めました。

 

ブログでは、自分の楽器に対しての思いや考えを、思う存分書けるので、「とても良い発信の場を見つけたな」と思っています。

上達とは何か分からない、という当時の私と同じ状況にいる人のヒントになれば、と思う

私は、アマオケに入団したばかりの頃、自分のあまりの演奏技術の無さに驚きました。

 

周りの奏者が簡単そうにしていることが、私には全く出来ないのです。

 

「このままでは、まずい」と思い、教則本を使って熱心に練習をしてみたのですが、練習時間に比例して、目を見張るスピードで上達する、ということはありませんでした。

 

そんな状況に「他の奏者と私とでは、一体何が違うんだろう?」と、レッスンを受けるまで、苦しい気持ちで楽器を演奏することになります。

 

この時の私と同じで「何をしたら良いか教えてくれたら、もっと上手になれるのに」と悔しい思いをしている人は、たくさんいると思います。

 

そういう人に、「上達するとは、こういうことだよ」と、上達するための考え方のヒントになるブログを書いたら、役に立つのではないか?と考えたのです。

 

少しでも私の考えが役に立てられるように、ブログで発信していくつもりです。

クラシック音楽をもっとたくさんの人に聞いてもらう

クラシック音楽って、難しくて退屈なイメージがありますよね。

私も正直、クラシック音楽について、詳しく理解している訳ではありません。

 

でも、クラシック音楽って、何百年も残り続けているものです。

それだけ長く消えずに、この世界に残っている、ということは、人々が必要としている音楽だ、ということです。

 

実際、私は、ロックやポップスと同じように、クラシック音楽が好きです。

 

クラシック音楽から生きる力をもらえたり、心が震えるような感動も、もらえたりします。

 

クラシック音楽に馴染みのない人でも、聞いてみたら、好きになる曲はあるはずなので、ブログなどを通してクラシック音楽の良さを伝えていきたいな、と思います。

まとめ

世の中にはたくさんのブログがあり、その中で私の書いた記事を読んで下さる方がいて、とても嬉しく思います。

 

貴重な時間を使って読んで頂いてるので、少しでも役に立つ記事が書くことを目標に、これからもブログを続けていきたい、と思います。