言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

みるみる上達する人は、変化させることを大切にしている

い何かを始めるときに、まずは、しっかり調べようとする人がいます。

 

場合によっては、調べてから取りかかった方が効率的なこともありますが、楽器に関しては、その方法だと、上達が遅くなるかもしれません。

 

楽器の演奏技術は、演奏するうちに上達していくものだからです。

f:id:gbassmusic:20171127210951j:plain

課題の修正方法

ある時、私は、レッスンで「ポジション移動をするときには、手の形は変えないようにして、移動してね」と言われました。

 

先生から指摘されたことは、ひとつ。「手の形を変えずに移動する」ということです。

 

でも「いざ、あることを改善しようとしたら、原因はたくさんあった」というケースは多いです。

 

例えば、この場合ですが、移動するときに手の形が変わってしまうのは、「腕を動かすタイミングが遅かったり早かったり」「力加減が強すぎたり弱すぎたり」「そもそも楽器の構え方が私の体格と合ってないから」だったり。

 

たくさんの細かいことが「手の形を変えずにポジションを移動する」という動きに適していないから、「手の形が変わってしまう」という状態で現れているのですね。

 

それを修正するには、上で挙げたような、考えられる可能性を色々と考えてみて、ひとつひとつ修正していくしかありません。

 

あるひとつの動作を修正するには「とりあえず弾いてみる。それで、今の技術で修正できるところから修正していく」という作業が必要なのです。

進まないと見えない景色

ここで大切なのが「上達するには、楽器を弾いてみて、少しずつ修正していく」という作業が必要なのだ、ということです。

 

弾かないで改善できるのは、最初の段階だけです。やってみないと、何を改善したら良いか分からなくなります。

 

陸上で泳ぐ練習をたくさんしても、実際に水に入ってしまったら、思うようにいかないのと同じです。

 

泳がないと、自分には何が出来て、何が出来ていないか、分からないのです。

結局、少しずつ変化させていくのが一番の近道

この話を聞いたら、もしかしたら、「こんな回りくどいことをせずに、一気に上手に弾けるようになれば良いのに」と思うかもしれません。

 

でも、それだと、上達の仕方が分からなくなってしまいます。

 

「演奏が上手になる」という結果も大切ですが、それよりも「上達するまでの道のりを知っている、理解している」という方が重要です。

 

その方が、技術がリバウンドしにくいですし、技術が停滞したときに、抜け出しやすくなります。

 

結局、コツコツその都度、弾き方を変えていくのが、上達する為の一番の近道なのです。