言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

プロオケの演奏会、アマオケの演奏会、それぞれの違い

私は、プロオケの演奏会もアマオケの演奏会も聞きに行きます。

 

今まで、あまりたくさんの演奏会を見に行ったことはないのですが、それでも、アマオケの演奏会と、プロオケの演奏会では、それぞれ違いがあるな、と思っています。

 

それぞれ、どんな違いがあるのか、について私の考えを書いていきたいと思います。

f:id:gbassmusic:20171127154610j:plain

プロオケの演奏会の特徴

やはり、プロオケの特徴として一番に思い浮かぶのが、演奏レベルが高い点です。

 

プロオケに入団するには、オーディションに合格しなければならないし、団員は皆、専門に音楽を勉強してきた人ばかりです。やはり、演奏レベルは高いです。

 

演奏レベルについては、こんな話があります。

先生が言っていた言葉です。

「アマオケも、プロオケも両方出演したことがあるけど、プロオケは、弾きやすいよ」と。

 

例えば、アマオケだと早い曲を演奏したときに、演奏者が早さをコントロールできずに、突っ走る傾向にあるそうです。

 

最終的に「いやいや、プロでもこんな早さで弾かないよ」という早さまで、テンポが上がってしまうこともあるそうです。

 

対してプロオケでは、みんなテンポもコントロール出来るし、音程も良いので、合わせやすい、とのことです。

 

やはり、アマオケは、演奏技術の面では、プロオケには、敵わないと思います。

アマオケの良さ

アマオケの演奏会の良いところは、観客と一体感がある、というところです。

 

アマオケの演奏会を聞きに来るお客さんは、演奏者の知り合いの方が多いです。

そうなると、演奏を演奏者と一緒に楽しむ雰囲気になります。

 

多少、音を間違えても「頑張れ」という気持ちで聞いてくれますし、良い演奏をすると、一緒になって感動してくれます。

 

プロオケの演奏会では感じたことがない、アットホームな雰囲気になることが多いので、私は、アマオケの演奏会の温かい雰囲気が好きです。 

演奏が上手だから感動する、という訳ではない

一度、アマチュアとプロの合同の演奏会を見に行ったことがあります。

 

その演奏会は、演奏技術としては、そこまでレベルが高いとは思いませんでした。

 

でも、心がこもっていて、音楽に対する愛情が演奏から伝わってきて、とても感動する演奏会でした。

 

演奏が上手だから感動する、という訳ではないのです。

まとめ

アマオケの演奏会、プロオケの演奏会、それぞれに特徴がありますが、私は、どちらの演奏会も好きです。

 

全ての演奏会は、音楽を聞く喜びを感じさせてくれるものですから。