言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

コントラバス奏者の性格とは?面白エピソード

コントラバス奏者は、大きな楽器を演奏しているからか、のんびりしていて、平和主義で、マイペースな性格の人が多い気がします。

 

私にとって、とても魅力的な人たちです。

コントラバス奏者とは、どんな人なのか。面白エピソードを交えて紹介したいと思います。

f:id:gbassmusic:20171210181110j:plain

演奏会の舞台袖で注意される

演奏会の本番当日、司会者が曲について説明していた時の話です。

 

曲の説明をしている時、演奏者は舞台袖で待機しています。曲の説明が終われば、すぐに出演しなければならないからです。

 

その時にちょうど、コントラバス奏者たちの間で「どんな漫画が面白いか」という話題になり、夢中になって話し込んでいました。

 

良い年をしたコントラバス奏者たちが漫画について熱くトークしている。

それだけでもシュールな光景なのに、他の楽器の人から「もうすぐ本番が始まるので、静かにしてくださーい」と注意されてしまいました。

 

夢中になっておしゃべりして、怒られる、という子供みたいな失敗をする。

 

私の周りのコントラバス奏者は、こんな人たちです。

コントラバスが歩く

高校生のときの吹奏楽部での話です。

 

小柄な女の子がコントラバスを持って歩いていたのですが、前から見ると、コントラバスに足が生えて、コントラバスだけが歩いているようにしか見えません。

f:id:gbassmusic:20170324182329j:plain

のだめカンタービレにも似たような話が出てましたが、あれは、実話をもとにしてるんじゃないか、と私は考えています。

 

小柄な人は、体が、すっぽりと楽器に隠れるので、姿が見えなくなるのです。

 

小柄な奏者によっては、ハイポジジョンまで手が届かないので、ハイポジションでは、つま先立ちになって演奏する人もいるそうです。

 

好きな楽器を演奏するためには、ハンデを物ともしない。そんなコントラバス奏者もいます。

めちゃくちゃこだわる

ある時、コントラバスのトップ(リーダー)が、コントラバスのエキストラの人に「ここの譜面の解釈はAとB、どちらが良いと思いますか?」と質問していました。

 

譜面の解釈をコントラバスパート内で合わせる為ですね。

 

そしたら、トップの人は、気軽に聞いたつもりだったのに、そのエキストラの人が、ものすごく長々と、細かくマニアックに持論を展開し始めました。

 

止まらない解説を聞いていた他の奏者が「いや、もう、どっちでも良いよ」と、つぶやいていました。

 

私の周りのコントラバス奏者は、ひとつのことを突き詰める人が多いです。

なので、質問するときは、「話が長くなるかもしれない」と覚悟して聞いた方が良いな、と思いました。

 まとめ

コントラバスを弾いている人たちは、面白くて、良い人が多いです。

 

そんな人たちに囲まれて、私は今日も楽しく演奏しています。