言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

出来ないことがある、という状況が私は嬉しい

f:id:gbassmusic:20171214160028j:plain

「楽器の演奏で、出来ないことがある」

この状態をどう思うでしょうか?

 

例えば、私は、弓の使い方が未熟だし、ハイポジションもまだ上手に押弦が出来ません。

 

こんな状態をネガティブにとらえる人もいるかもしれませんが、私は、出来ないことがある、という状況が、とても嬉しいのです。

 

その理由を書いていきます。

 

まだまだ上のレベルに行ける、ということが分かるから

「出来ないことがある」ということは、「自分には、まだ、未熟な部分が存在する」ということです。それが出来るようになれば、その分、レベルが上がった、ということになります。

 

私は、独学で、楽器を練習をしていた時期がありました。

そのときに感じていたのが「私は、もうこれ以上は上達しないのかな」という不安です。

 

「CDやyoutubeで、高いレベルで演奏しているプロ奏者がいる。私もそのレベルを目指したいのに、どうやったら、そのレベルまで近づけるのか、検討がつかない。」

こんな感じで、独学しているときは、「上達したいと願っているけれどその方法が分からない」という状況が続いていたのです。

その状況に、ずっと、もどかしさを感じていました。

 

でも、今は、レッスンに通い「私には出来ないことがたくさんある」ということを自覚しています。

 

つまり、「私には、課題がたくさんある。これが出来るようになれば、高いレベルに近づける」ということです。

出来ないことが分からないことの方が問題

私は、「出来ないことがある」という状況より、「出来ないことはない」と思い込んでしまっている方が問題だと思います。

 

「改善する場所があるのに、それを理解しないまま練習する」ということになりやすいからです。

そうなると、「悪い癖を繰り返し体に覚え込ませる練習」をしてしまう可能性があります。

 

私は、独学で楽器を練習していた時、何が出来ていないか分からないまま、反復練習をしていました。

レッスンに通うようになって、最初にしたことが、「良くない癖をがついてしまっているので、その癖を直す」ということです。

癖を直すのには時間がかかりました。

 

その経験から「出来ないことを理解した上で、それを出来るようにしていく。それが良い練習なんだな」と思うようになったのです。

まとめ

出来ないことが分かると、「これが出来るようになりたい」というモチベーションにもなるし、目標になります。

 

「演奏をする上で、自分には、出来ないことはない」

こんな状況に憧れる人がいるかもしれませんが、実際、そうなると、楽器を演奏することに飽きてしまうと思いますよ。

 

課題がたくさんある、出来ないことがたくさんある。

だから私は、それが出来るようなる為に、今日も楽器を弾くのです。