言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

生活に趣味を取り入れてみたら、こんな変化があった

私の趣味は、コントラバスを演奏することです。でも、以前は、趣味のない生活を送っていました。

 

趣味がない生活と趣味のある生活は、どう違うのか。両方の生活を知る私が、書いていきたいと思います。

f:id:gbassmusic:20171124155413j:plain

趣味があると、暇な時間が少なくなる

以前、趣味がないときは、暇な時間をつぶすことが多かったです。特にやりたいわけでもないゲームをしたり、SNSを見て回ったり・・。

 

でも、今、暇な時間があると、「楽器の練習をしよう」「今度、演奏する曲を聞こう」という気持ちになります。

 

時間の使い方が変わって、「空いてる時間があれば、趣味の時間にしたい」と思うようになったのです。

 

「暇を潰す時間」つまり、私にとっては面白くない時間が減って、「楽器を練習する時間」言い換えると、ワクワクする時間が増えました。

 

趣味がなかった時に比べ、今は、空いている時間を、有意義に使えるようになりました。

視野が広がる

私は、音楽を趣味にしているので、分かりやすいのかもしれませんが、趣味があると、視野が広がります。

 

例えば、曲を聴くときに、色々なことに気がつくようになりました。

 

好きな歌手の曲を聞いて、「雰囲気や歌声が好き」という視点から、「曲の構成について」や、「歌手の歌い方」など、細かいことを意識して聞くようになったのです。曲の楽しみ方の幅が増えた感じです。

 

あと、西洋の歴史番組を見ていて、「この時代にはあの作曲家がいたんだよな」と、いう見方で見るようになりました。音楽を通じて、興味を持つ対象が増えた感じです。

 

 

生活に張り合いがある

趣味がなかった時は、仕事場と家との往復だけでした。特に目標もなく、のんびりと過ごしていたのです。それも穏やかで良い過ごし方だったのですが、少し物足りない気もしていました。

 

でも、今は、趣味を持って、目標ができたので、その目標を持って、生活しています。目標とは、「楽器をもっと極める」「あの曲を弾けるようになる」などです。

 

なくても生きていけますが、やはり、小さくても目標があると、生活に張り合いが出ます。

 

まとめ

趣味がある生活とない生活の違いについて、書いてみました。趣味は、自分の時間をより充実させるには、とても良い習慣ですね。

 

読書でも映画鑑賞でも、自分の好きなことをする時間を持ってみてください。

趣味がないときと比べ、より楽しく過ごせるようになりますよ。