言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

演奏技術が上達すると、どんな得をする?

アマオケに入団したばかりの頃は「曲が弾けるだけで楽しいから、別にしんどい思いをしてまで上達しようと思わなくても良いや」と思っていました。 

 

そこまで上達することに対して情熱を持っていなかったのです。

 

でも、今は、レッスンに通い、上達する為の練習をしています。

すると、「演奏技術が上達すると、得をするな」と思うようになりました。

 

f:id:gbassmusic:20171201222541j:plain

上手になると、演奏をより楽しめるようになる

演奏技術のレベルが上がると、出来ることが増えます。

例えば、速弾きが出来るようになる、音程が合いやすくなる、弓を自由に使えるようになる、などなど。

 

出来ることが増えると、技術の面で引っ掛かることが少なくなるので、イメージした通りに弾けるようになります。

すると、ストレスなく、演奏を楽しむことが出来るようになるのです。

 

私は、アマオケに入団したばかりの頃は、思うように演奏することが出来ませんでした。

 

すると、その様子を見ていた、同じアマオケのコントラバス奏者の人から「そんなに弾けなかったら、合奏していても楽しくないでしょう?」と言われてしまいました。

 

私としては、楽しんでいたつもりだったのですが、上級者から見たら、演奏を楽しんでないように見えたのだと思います。

今は、そう言ったコントラバス奏者の気持ちも分かります。

 

同じ曲を演奏するにしても、上達したら、より深く楽しむことが出来るようになるのです。

やりたいことが出来るようになる

私は、ずっとエキストラをすることに、憧れていました。「自分の演奏でお金を頂くって、プロみたいでかっこいいな」と思っていたのです。

 

でも、ある程度、演奏技術がないとエキストラをすることは出来ません。人手不足を補うためにエキストラを呼ぶのですから、エキストラが足を引っ張る訳にはいかないのです。

 

「演奏技術が足りないし、私にはエキストラをすることは無理だろうな」と思っていましたが、演奏技術が上達して、エキストラに呼んで頂けるようになりました。

 

本当に嬉しかったです。

 

上達したら、「こんなことがやりたい」と思っていることが出来るようになります。

上達するまでの経験が、役に立つ

何かを極める経験をしたら、知らず知らずのうちに、その経験が自分の力になっています。 

 

上達する為には、上手くいかなければ、「こうやってみたらどうだろう?」と考えて、試して、また考えてやってみる、という作業をする必要があります。PDCAを回さなければ上手にならないのです。

 

この作業は、どんな分野でも上達するときには必要になります。

 

どんな分野でもこの力は必要なので、身に付けることができると、色々なことを習得するときに使えるようになります。

 

一芸は全てに通ずる、というのは本当のことなのです。 

まとめ

上達すると、今まで出来なかったことが出来るようになります。

それが自信にもなるし、得をすることが多いですよ。

 

一度、試しに、上達することを目的にして、練習してみてください。

楽器をより好きになることが出来ると思います。