言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

楽器練習のやる気が出ないときの対処法

「どうも楽器の練習に乗り気になれない」たくさんの人が、こういう気持ちを経験したことがあると思います。

 

こんな時、人それぞれ対処方法があると思いますが、今回は、私が練習に乗り気に慣れない時に実践している対処法について、書きたいと思います。

f:id:gbassmusic:20171124113239j:plain

練習する時間帯を変える

「練習する時間帯を変えてみたら、集中して練習出来た」ということは、私の今までの経験上、結構多いです。

 

朝に練習をすると、やる気が出てサクサク進むけど、お昼は何となく乗り気になれない。でも、夕方からは、またやる気が出るので、集中して練習できる。

こんな感じです。

 

やる気が出る時間帯で練習すれば良いので、やる気の出ない時間帯に、無理に練習する必要はありません。

 

「ちょっと気分転換をして、時間を変えて練習してみる」

やる気が出ない時に、私が一番よく使う方法です。

5分で良いので練習する

楽器の練習にやる気が出ないときには、パターンがあります。

私の場合は「思い通りに練習が進まない時」に、やる気が出なくなることが多いです。

 

例えば、楽器の構えを変えてみたり、ポジション移動で上手くいかない時など、「何日か練習しないと上達しない」「時間をかけて練習しないと慣れない」そういう時に、私は、練習する気持ちが萎えてしまいます。

 

そんなときは、「5分だけで良いので練習する」という方法を使っています。

 

「やる気が出ないけど、弾けないままは嫌だなあ」と思ったときに、ほんの少し練習するのです。途中からやる気が出なくなったら、そのまま練習をやめます。 

 

それを毎日繰り返すのです。

 

そうしているうちに、少しずつ出来るようになってきます。

今まで出来なかったことが少しでも出来るようになると、「やるじゃん、自分!」という感じで、自信が出てきます。

 

そうなると、また練習が楽しくなって、やる気が出てくるのです。そんな時は、長時間練習しても、楽しい気分のまま練習を続けることが出来ます。

 

練習は、無理して長時間続けるものではない、と私は考えています。

「練習が嫌になる」前に、練習を中断してしまった方が、長い目で見て、効率が良い練習方法だと思うのです。

 

「5分で良いので、練習する」

少ない練習時間でも繰り返していけば、少しずつ上達していくので、無理して「長時間練習しなければ上手くならない!」と思わなくても大丈夫です。

音楽の動画を見る

どうしても、やる気が出る出ないときがあります。

 

そんなときは、もしかしたら、疲れているのかれません。人間は、意外と自分が疲れていることに気がつかない時があるのです。

 

関連記事:

楽器の練習をしない方が良い時がある - コントラバスと歌う日々

 

そんなときは、私は、曲を聞いたり、上手な演奏者の動画を見たりして過ごしています。

 

楽器を練習することだけが、演奏技術を向上させる訳ではありません。

 

「プロの奏者は、どんなことを考えて、こういう演奏をしているのかな?」とか、「この曲のここは、どうなっているんだろう?」など、動画から学べることは、たくさんあります。

 

「練習しなくては!と思うけど、やる気が出ない」

こういう時には、楽器の練習以外のことに、時間を使ってみても良いと思いますよ。

まとめ

長い楽器との付き合いの中では、練習のやる気が出なくなるときもあると思います。

 

そんなときは、自分を責めずに、その状態で、出来ることをしてみてください。

 

演奏技術の上達の為に、一番大切なのは「楽器を続けること」です。無理をすると、楽器を辞めてしまうかもしれません。

 

なので、「何年も何十年も楽器を続けられるように、無理のない練習をする。」これが大切なのです。