言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

効率の良い努力の仕方を教えてもらえる。これが私がレッスンを受ける最大の理由

f:id:gbassmusic:20171214160803j:plain

レッスンを受けると、効率の悪い努力を避けることが出来ます。

 

独学だと、たくさんの時間をかけて、一生懸命、自分で考えて練習しても、どうしても遠回りになってしまうことが多いのです。

 

独学で苦労した私だから言えることを、書いていきたいと思います。

 

タイミングを教えてくれる

独学だと、まだ自分には手を出すのが早い課題に対して、誰も「君にはまだ早い」とは言ってもらえません。

 

例えば、よくある「演奏するときは、脱力しましょう」という言葉。どの教本にも書いてあると思います。

 

でも、脱力するためには、まず、力を入れて練習する過程が必要になります。

 

無駄な力を入れて弾く、という道を通って、少しずつ、脱力する、というゴールへ向かうのが、効率の良い上達方法です。

 

それなのに、最初から脱力を目指して練習してしまうと、遠回りになってしまいます。

 

フォームが整っていないのに、いくら脱力をしようとしても、フォームが崩れるだけで、脱力をして得たかった効果が、得られないからです。

 

「君はまだ、脱力するところまでいっていないよ」とタイミングを見て言ってくれる人がいる、それがレッスンなのです。

向かう方向を教えてくれる

最近、レッスンで言われた言葉です。「その方向に努力しても、そのうちに、頭打ちになってしまうよ」

 

これは、弓の弾き方を見てもらっている時に言われた言葉です。

 

その時、私は、雑音のない、キレイな耳障りの良い音を出そうとしていました。そのために、小さなこもった音しか出していない状態でした。

 

でも、先生は「汚くて良いから、大きな音で弾くように。大きな音が出せるようになってから、改めて、音を整えたら良いから」と言ったのです。

 

私は、キレイな音を出すことが正解だと思っていたのですが、「まずは大きな音で弾けないと、舞台では聞こえないよ」と指摘されたのです。

経験者だから言えることを教えてくれる

さらに、こうも言われました。

 

「音楽に必要なのは、キレイな音だけじゃないよ。神の怒りを表現したり、地鳴りみたいな迫力のある音が必要になることもあるからね」と。

 

キレイな音を出す練習だけが大切なのではありません。

あえて、汚い、と言われる音も、曲によっては必要になることがあるのです。

 

レッスンでは、そんな、目から鱗みたいな言葉を言われることが多くあります。

独学だけでは、きっと、このことに気が付かなかったと思います。

まとめ

レッスン代は、時間を買うことだと、私は考えています。

お金を払って、早く上達させてくれる、それがレッスンなのです。

 

先生が見てくれる、ということは、先生がすでに通った道を自分と一緒に歩いてくれる、ということです。

 

一人だけだと、分からないことだらけで本当にゴールにたどり着くのか不安になります。でも、先生がいてくれると、相談することも出来ますし、正しい方向へ導いてくれます。

 

ですので、楽器の上達には、レッスンが必要不可欠だと、私は思うのです。