言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

ポジティブな考え方ができるかどうかで、上達するスピードが変わる

演奏技術は、何年もかけて磨いていくものなので、楽しく取り組むことが、大切になってきます。楽しくなければ、続けられないからです。

そして、結局、練習を続けている人が、上達していくのです。

 

そこで、今回は、上達するために大切な「ポジティブに楽器を練習する方法」について、書いていきたいと思います。

f:id:gbassmusic:20170420141107j:plain

楽器に名前をつける

皆さんは、楽器に名前をつけたりするでしょうか?

私は、楽器に名前をつけています。

 

私の肌感覚ですが、自分の楽器に名前をつけると「他の楽器と違い、自分にとって特別な楽器だ」と感じて、楽器と仲良くなりやすいです。

 

そうなると、練習が楽しくなるので、練習時間が自然に延びて、演奏技術が上達しやすくなります。

 

楽器に名前をつける。簡単なことだけど、楽器を大事に扱うようになるし、楽器に愛着が湧くので、おすすめの方法です。

 

一度試してみてください。

出来るようになったことを探す

たまに、私は、「なんでこんなに弾けないのだろう」と落ち込むことがあります。

 

そんなときは、以前の自分と比べて、出来るようになったことを探すようにしています。

 

演奏は、技術的に優れている、という面だけが大切なのではありません。

 

以前より、演奏に対する知識が増えた。たくさん失敗して、この方法じゃ上手くいかないという経験を得ることが出来た。譜読みが早くなった。など、技術以外の面でも、演奏に影響してくることは、たくさんあるのです。

 

なので、「以前は出来なかったことが、今は出来るようになった」ということは、探せば必ず見つかります。

 

「なんで弾けないんだろう」とへこんだ時は、「いや、でも今はこれが出来るようになった」と、出来るようになったことを探してみてください。

 

これだけ成長している、と気持ちを切り替えて、練習に取り組むことが出来るようになりますよ。 

出来ないことがあって当たり前だ、と思うようにする

楽器はそんなにすぐに上達するものではありません。

 

今、どれだけ上手に演奏している人でも、毎日コツコツと練習を積み上げてきたおかげで、その演奏技術を手に入れられたのです。

 

そう考えると、「まだそんなに上手に弾けなくて当たり前だ」と思えるようになります。

長い時間がかかるものだと最初から分かっていると、変に焦らなくて済むのです。

 

「出来なくて当たり前だ」もし、練習が上手くいかなくて辛いときは、そう考えてみてください。

のんびりマイペースに上達しようと考えられるようになりますよ。

まとめ

習得に長い時間のかかる技術は、「続けることが、何よりも大切なことだ」と私は、考えています。

 

楽しんで楽器の練習を続けてみてください。そうしているうちに、少しずつ上手になっていきますよ。