言いたいことは山のごとし(^^)

コントラバスと歌う日々

アマチュアのコントラバス奏者が好きなことを書くブログ

若い演奏家に向けて。50代のアマオケ団員から聞いた「年を重ねながら音楽活動を続けるということ」

なかなか更新が出来ず、すいません。読みに来てくださる方がいて、本当に有難いです。 新しい生活に少しずつ慣れてきましたが、しばらくは、あまり頻繁に更新できないかもしれません。気が向いた時に読みに来て頂けたら、嬉しいです。 さて、今日の話題につ…

「上手な奏者の真似をしろ」という言葉を鵜呑みにしてはいけない理由

芸事の基本は、上手な人の真似をすること。これは、正しいことで、何も間違っていません。 楽器も例外ではありません。上手な奏者の真似をすることは、演奏技術を向上させるのに大切なことなのです。 でも、実は真似をするには、コツが必要。 ただ単に何も考…

音楽で生きていくことを考えたときに、音楽の才能があるっていうのは、得なことなのか?

誰でも「あなたには音楽の才能があるよ」と言われると嬉しくなりますよね。 ただ、音楽の才能があると、無条件で成功するのか、というと、それは違います。 どれだけ上手に演奏できたとしても、それだけで世間に認められる訳ではない。音楽的にはイマイチで…

年が明けたので、新年らしいことを書いてみる

2018年になりましたね。 お正月は、私は、初日の出を見に行ったり、お節料理を食べたり、のんびり過ごしていました。そして、この時期、毎年楽しみにしているのが、芸能人格付けチェック。 このテレビ番組では、値段の違う楽器の三重奏を聞いて、どちらが高…

何も知らない状態で新しい環境に飛び込むメリット

前回の記事の続きです。 私は、オーケストラのことは何も知らない状態で、アマオケに入団しました。 怖いもの知らずだなあ、と我ながら思います。無謀なことをしたのかもしれません。でも、実は、何も知らずに飛び込んだからこそのメリットもあったんですね…

実力が足りない状態でアマオケに入団して、どうなったか

何回かブログで紹介してきましたが、私は高校生のときに、吹奏楽部に所属していて、コントラバスを演奏していました。 そのあと数年間、全く楽器を弾くことはありませんでしたが、ある時、友人に誘われ、アマオケに入団することに。 レッスンも受けず、ブラ…

コントラバス奏者が演奏するときの必需品

コントラバスを演奏するときや、練習をするときには、色々な道具が必要になります。 道具によっては、いつも使うものだったり、指示があれば使うものだったり。 今回はそんな、普段使っている道具について、紹介したいと思います。 ミュート(消音器) 私は、…

少し寂しい話。それぞれがアマオケを辞める理由

先日、アマオケの団員さんと話していてたら、「大学時代に一緒に演奏していたメンバーで、アマオケに入団して楽器を続けている人は、本当に少ない」という話題になりました。 大学から今でも楽器を続けている人は、1割くらいだ、とのこと。 アマオケで楽器を…

演奏中に手拍子をお願いするときは、その場の雰囲気を大事にしてほしい

曲を聞きに演奏会に行くと、司会者や指揮者から「もし、良ければ、曲に合わせて手を叩いてください」と言われることがあります。 手拍子をすることによって、盛り上がって楽しい演奏会になることもあります。ただ、私は、演奏中に手拍子をすることに、気が乗…

アマオケで人間関係のトラブルを起こさないために

アマオケって、人の集まりなので、人間関係の問題は常について回ります。 出来たら、人間関係に気をとられず、音楽活動に集中したい、と思うのが大多数の団員の気持ちです。 なので、悪気なくしていた自分の行動で、トラブルが起こってしまうのは、誰だって…

真剣に何かに取り組むっていうのは、幸せと辛さの両方を感じるということ

真剣に取り組むものがあるっていうのは、大きな幸せです。 それは人によっては仕事だったり、趣味だったり、何かの活動だったり。私の場合は、音楽ですね。 でも、実は、何かに真剣になるって、幸せと共に、辛さも感じるものなんです。 心の拠り所になるけど…

演奏会の服装にも、色々とエピソードがあるんですよ

以前、あるプロオケの演奏会を聞きに行ったときに、いつものようにカジュアルな格好で出掛けたことがあります。 いつもなら、プロオケの演奏会でもカジュアルな格好で浮くことはないのですが、その時の演奏会は、いつもより少しお値段が高めの演奏会でした。…

楽器の値段を人に訊ねるのはどうなのか?

一度、苦い失敗してしまったことがあります。私が、まだ自分のコントラバスを持っていなくて、「いつか購入したいな」と思っていた頃のことです。 自分の楽器を持っているバイオリニストの方と話すことがあって「いくらのバイオリンを購入したのですか?」と…

何かに夢中になる人って、「とりあえずやってみる」ができる人だと思う

何かをやる前から「面白そうだけど、自分には難しそう」とか「興味はあるけど、多分続かないだろうな」と考えるのは、勿体無いです。 そういう風に考えているものこそが、実は、自分にとって、夢中になって楽しめるものかもしれないからです。 家族が、ゴル…

楽器の扱い方に気を付けよう!

長年、楽器を弾いていると、不注意や事故で楽器を傷つけてしまった、という話を聞くことがあります。 事前に知っておくと、防げるものも多いので、「こんなことに気を付けた方が良い」ということを紹介します。 楽器を落とさないようにしましょう バイオリン…

アマオケ団員の退団から考える「自分の気持ちを優先させる大切さ」

以前、私が所属していたアマオケの団員さんと、話をする機会がありました。 私はアマオケを辞めてから、数年が経っています。 「私がいなくなってから、変化があったんだろうな」と思っていたのですが、話を聞いてると、私が予想していたよりも、大きな変化…

アマオケ団員が思う「吹奏楽部にいて良かったこと」

私は、高校生の時に、吹奏楽部に所属して、コントラバスを弾いていました。 社会人になってアマオケに入団しましたが、吹奏楽部にいた経験は、アマオケで活動するに当たって、意外と役に立ちました。 そこで今回は、アマオケにいたときに「吹奏楽部員で良か…

オーケストラで演奏している時に、演奏者が気を付けていること

演奏者は、合奏するときに、たくさんのことに注意しながら演奏しています。曲を演奏する、というのは集中力が必要となる、難しい作業なのです。 でも、合奏も慣れてくると、注意するポイントが少しずつ分かってきます。 そこで今回は、演奏者はオーケストラ…

コントラバス奏者がよく失敗するパターン

それぞれの楽器には、失敗しやすいパターンがあります。 楽器独特の事情があって、思わぬ出来事が起こるのですね。 そこで今回は、コントラバス奏者がよくやる失敗について紹介したいと思います。 「こういう失敗、したことがある」「こんなことかあるんだ。…

楽器を選ぶときにコントラバスにした理由とは?3人に話を聞いてみた

楽器を弾いている人は、今の楽器をどのように選んだのでしょうか? ・ずっと演奏したいと思っていた楽器だった。 ・自分の希望とは違う楽器を担当することになってしまったけど、演奏しているうちに好きになった。 ・人から勧められた。 など、色々なきっかけ…

内容の濃いレッスンを受けるためには?

私は、レッスンに通って4年くらいになりますが、レッスンを受けるのが好きです。 レッスンは、上達しやすくなるし、先生から色々と勉強になる話を聞けるし、良いこと尽くめだと思っています。 ちなみに、私はマンツーマンのレッスンを受けているのですが、レ…

アマオケのレベルを上げたいなら、めちゃくちゃ腕の立つ人を1人呼んでみてはどうか?

私が所属していたアマオケで、「このオケのレベルをもっと上げたい」と言っていって、パート練習を増やしたり、個人練習に付き合ってあげたりしている、熱心な団員の方がいました。 もしかしたら、同じように「自分が所属しているアマオケのレベルを上げたい…

練習が終わって、コントラバスを部屋に置いておくときに、私が気を付けていること

私は、自分の楽器を持っているので、楽器は自宅の部屋に置いてあります。 楽器用の立派な防音室、という訳ではなく、何の変哲もない、普通の部屋です。 練習が終わると、楽器をその部屋に置いておく訳ですが、その時に私は、いくつか、気を付けていることが…

「指揮者って必要なの?」って思ったことはありますか?指揮者によって、曲は変わるんです

クラシック曲を聞いていると、指揮者によって、オーケストラの演奏が大きく変わることが分かると思います。 同じオーケストラが、同じ曲を演奏しているのに、テンポが違ったり、目立たせる音が違っていたり。 あと、全く違うオーケストラのように、音が輝い…

アマオケの練習中に、プチパニックになる瞬間

アマオケの練習というのは、基本的には合奏です。 自宅で個人練習をしてきて、ある程度、曲が弾けるようになった状態でアマオケの練習に臨むのですね。 そんなアマオケの練習ですが、私はよくプチパニックになってました。 どんな時に慌ててしまうのか。見に…

おすすめのクラシック曲を紹介します

私はクラシック曲が好きですが、好きになった曲は、よくYouTubeで探してきて繰り返し聞くことが多いです。 私の場合、クラシック曲を知る時は、こんな感じで知ることが多いです。 ・自分が演奏したことがある曲 ・演奏会で聞いて気になって調べてみた曲 ・人…

耳を育てるには、たくさんの音楽を聞くのが一番

私がアマオケに入団して、初めての演奏会でのことです。 その演奏会では、エキストラの人が呼ばれていました。 コントラバス奏者の人数が少ないので、近くの別のアマオケから呼んできた助っ人ですね。 そういうエキストラさんは、他にもたくさんのアマオケに…

みるみる上達する人は、変化させることを大切にしている

い何かを始めるときに、まずは、しっかり調べようとする人がいます。 場合によっては、調べてから取りかかった方が効率的なこともありますが、楽器に関しては、その方法だと、上達が遅くなるかもしれません。 楽器の演奏技術は、演奏するうちに上達していく…

何かを学ぶときに大切なのは「実際に体験してみる」ということ

私は、譜面を読むことが苦手で、初見で演奏する、ということが上手にできません。 そこで、「苦手意識を克服して、もっとスラスラと譜面を読めるように、勉強をしよう」と思い、音楽理論などについての書籍を何冊か購入して読んでみました。 でも、なかなか…

音楽と関係のないことが、演奏の役に立つ

楽器の演奏が上手な人は、美しくて、感情豊かで、聞く人を引き込むような、そんな演奏をします。 そういう腕が立つ人は、どんな風に音楽の技術を磨いているのか考えると「2種類の技術をバランス良く習得しているのではないか」と思います。 「楽器の技術」と…